2019年 AiBiC Spiral #01

2019年05月11日 投稿者: AiBiC Spiral

オリエンテーション・アイスブレイク・データサイエンス入門

2019年度 AiBiC Spiral、平成から令和にかけての10連休も終わった五月晴れの 5/11、今年も大阪大学中之島センターで始まりました!本年度は総勢72名 1年目の52名、2年目の63名と徐々にその活動も大きくなっています。今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。



2017年度・2018年度の修了生

まずは簡単なテストを受験した後、オリエンテーションが始まります。今年も和歌山大学の福安先生がAiBiC Spiralの紹介や受講にあたっての心構えを説きます。

その後、取組代表である大阪大学の楠本先生より受講生に向けたご挨拶を頂き、企業交流会の説明などを行った後いよいよ本格的に活動が始まりました。

まずはグループごとに分かれ、部屋へと移動しますが・・・ 今年は72名の大所帯!ということでAiBiC Spiral史上初の2部屋同時開催となりました。

隣同士の部屋ではありますが、お互いが常に見えている様、音声や映像に気をつけ双方向に繋げます。事前の入念のテストの甲斐もあり、とりあえずはうまくいったのではないでしょうか。

アイスブレイクでそこそこ打ち解けたところで、さっそくデータサイエンス入門ということで神戸大学のさちを(佐伯)先生によるpythonを利用したデータの扱い方についての講義が始まりました。実際に前でコードを打ちながら行うライブコーディングスタイルでの講義ということで、今年はユニバのお兄さんのようにマイクとしてヘッドセットを利用しました。両手が使えてとっても便利でした。

ほとんど初めてpythonを利用した人や、普段から使いこんでいる人まで、プログラミング技術や大学での講義など色々な背景を持つ学生が集まっていますが、お互い協力しながら当日の内容を進めていけたようです。

一日ぎゅっと詰まった講義でしたがどうだったでしょうか。次回はファシリテーションの講義ということで、普段大学では受けれないような講義を受けることができます!1日大変ですけど頑張って下さい!!